你在我记忆旅行,每步也惊心。

 

#冰菓#【翻译】掘り出し物です-米泽穗信

【说明】以下是米泽穗信2012年给京阿尼的参考资料(《折木的书架》),应该很多人看过了,不过我还是粗略翻译了一下。翻译后我发现我不仅是数死早,而且还是语文老师死得早。加粗字体是原文,非加粗字体为翻译;图片中茶色字为简介资料,书籍封面图片来自Amazon.jp。最后附上千反田读的书的简介。

----------------------------------------------------------------

こんにちは。米澤です。

  大家好,我是米泽。

 先日、ちょっと仕事の手が空いたので、パソコンのデスクトップを掃除しました。

 あまりデスクトップにアイコンは置かない主義なのですが、仕事が立て込むと「小説本体」「小説のプロット」「小説のボツ文」などなど、何かと物が増えて困ります。

  前几天,因为工作到一段落,稍微得空了,所以清扫了一下电脑桌面。

  虽然是不怎么在桌面上放图标主义,但是工作一繁忙起来,“小说正稿”、“小说的构思稿”“小说的未采用稿”等等各方面的东西增多了真令人困扰。

 さて、そんなデスクトップで、数々のアイコンに紛れていたテキストファイルを見つけました。

 ファイル名は「折木の本棚.txt」。〈古典部〉シリーズの主人公、折木奉太郎の部屋に並んでいる本をリストアップしたもので、以前メディアミックスの機会を頂いたとき作画の参考になればと作りました。

  然后,在这样的桌面上,发现了混杂在一堆图标中的文本文件。

 文件名叫《折木的书架.txt》。《古典部》系列的主人公,折木奉太郎的房间里摆放的书列成了列表。以前获得动画化的机会的时候,想着可能能成为作画参考就列了这个列表。

 何しろ折木奉太郎と私は読書の趣味が違いますので(彼はあまりミステリを読みません!)、ああでもないこうでもないと試行錯誤するのが楽しかった記憶があります。

 ところどころに変な本が入っていますが、それはたぶん、折木供恵が残していった本です。

  由于折木奉太郎和我的读书兴趣不一样(他不怎么读推理小说),因此,有那样也不是,这样也不是之类的试行错误的愉快的记忆。

  有些地方混入了奇怪的书的话,那大概是折木供惠留下来的书。

 蛇足と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの掘り出し物なので公開します。

 ご興味があれば、下のリンクから展開してください。

  可能会有人认为是多余的,但因为是难得偶然发现的东西所以把它公开了。

 若有兴趣的话,从下面的链接展开来看吧。
















ほか、辞書・参考書(ただし、物語開始時点では中学生向けのものが主)

之外,还有词典、参考书(但是,因故事开始的时间点的缘故,所以针对初中生的为主)。

http://pandreamium.sblo.jp/article/59699498.html


ps:千反田读的书



评论
热度(70)
Top

© 粘土星 | Powered by LOFTER